足の裏の角質の原因とは?自宅でのケア方法も紹介

足の裏の角質の原因とは?自宅でのケア方法も紹介

靴下を履くときやボディクリームを塗るときなど、ふとしたタイミングに、足の裏のガサガサに気づくことってありますよね。日常生活を送っていて目がつく場所ではないので、日頃のケアも怠りがち。ですが、定期的にケアをしないと、どんどん角質は溜まっていってしまいます。一度角質が溜まると、なかなか元のツルツルの状態に戻すことが困難。

そうならないために、今回は足の裏の角質の正しいケア方法についてご紹介します。現在足の裏の角質に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

足の裏に角質が溜まる原因

歩行による刺激

人間の足の裏は歩行の度に、外部からの刺激を受けています。常に摩擦が起こっているので、刺激から守るために少しずつ足の裏の皮も厚くなっていきます。なので、立ち仕事や営業などの外回りの人は特に硬くなる傾向があります。

乾燥

足の裏には汗が出る”汗腺”はあるのですが、油分を出す”皮脂腺”はありません。これにより、油分と水分のバランスが取りづらく、他の部分よりも乾燥しやすくなっています。乾燥するとガサガサがひどくなり、肌のターンオーバーも低下するので、古い角質が徐々に溜まっていきます。

血行不良

乾燥だけでなく、血行不良でもターンオーバーが正常に行われません。血行不良かどうかを判断するのはとても簡単で、つま先が冷えやすいかどうか。年中つま先の冷えに悩まされている人は、食生活に気をつけたり、マッサージをしたりして、すぐにでも対策を取るべきです。

足の裏の角質を放っておくとどうなる?

臭いがでる

足の裏の角質を放置していると、臭いを発する人もいます。これは溜まった角質が湿気や汗などでふやけると、そこから菌が繁殖してしまうからです。また、爪周りに角質が溜まると、爪と皮膚の間にも入り込んでいき、きつい臭いの原因になります。夏などは靴を脱ぐ機会も多いので、遅くても春には本格的なケアを始めたほうがいいですよ。

痛みを伴う

足の裏に粉が吹いてひび割れている状態を見たことがありますか?これは角質が溜まりに溜まった状態。乾燥がひどいので、地面に当たるだけで痛みを伴う場合があります。こうなってしまうと日常生活を送るのにも不便が出るので、早急の治療が必要。治るまでに時間がかかりますが、足のケアを続けることで少しずつ症状は改善されていきます。

水虫になる

「角質が溜まっているだけだと思っていたら、実は水虫だった」というのはよくある話。ただ乾燥がひどいだけと思って放置していると、知らないうちに家族に水虫の菌を移しているかもしれません。水虫は自然治癒しないので、発覚した時点で病院で診察を受けましょう。専用の薬を使うことで、症状を改善することができます。

足の裏の角質ケア方法

保湿

角質を溜めないためには、保湿をすることが一番大事。かかと専用の保湿クリームもあるので、お風呂上がりは毎日塗るようにしましょう。ただ、既に皮膚が硬くなっている場合は、クリームを塗るだけで改善されないかもしれません。硬くなった角質を削るブラシも販売されていますが、必要以上に削ると皮膚を傷つけてしまい、さらに乾燥してしまいます。ブラシを使うにしても軽く削る程度にし、その後すぐにクリームを塗ってケアしましょう。

足裏パック

数年前にブームがやってきた足裏パックですが、一度試すだけで効果を感じることができます。一度でも試したことがある人は分かると思うのですが、専用の液体に足をつけてしばらく放置するだけで、数日かけて古い角質が剥がれていきます。この液体には、角質を柔らかくする成分が入っているので、皮膚に負担をかけずに角質除去してくれます。ただ、肌が弱い人は荒れてしまう危険性もあるので、事前に必ずパッチテストを行いましょう。

まとめ

足の裏やかかとは角質が溜まりやすい場所。お風呂上がりに顔のお手入れをする人はほとんどだと思いますが、足の裏のお手入れをしている人はあまりいないでしょう。普段目につく場所ではないのでケアを怠りがちですが、角質を放っておくと臭いや痛みを伴う場合もあるので早めの対策が必要です。一度硬くなった皮膚を元の状態に戻すのは時間がかかるので、かかとの乾燥が気になり始めたらすぐにでも入念なケアを始めましょう。

太田川駅からすぐの場所にあるtone nailは、東海市唯一の完全オーダーメイド型のネイルサロンです。お客様が満足する仕上がりにするために、施術前には丁寧なカウンセリングを行っています。お客様の爪の形や爪質、ライフスタイルを把握し、最善のデザインをご提案します。また、当サロンでは、ハンド・フットケアにも対応しています。弱酸性で肌に優しいスパルーチェ商品を使用して保湿しながら角質ケアをしていきます。東海市でネイルサロンを探されていた方は、ぜひ一度tone nailに足をお運びください。